大学院入試

修士課程入試問題

化学専攻は、平成28年度から物質科学専攻(理系)と一体となり新たに「理学院 化学系」となりました。
これを機に、化学系ではさらに門戸をひろげ、多様な学生諸君に入学を目指していただくよう、入試問題における選択の自由度を大幅拡充いたしました。
具体的には、化学(基礎)の共通問題3題(3題で合計200点)に加え、 幅広い分野の選択問題(化学(専門)にある物理化学2題、 無機・分析化学2題、有機化学2題、物理1題、生化学1題)計8題から2題を選択し(各200点x2=400点)、回答していただきます。


平成29年度以降の修士課程入試で出題された「問題」を以下に示します。
※平成29年度より出題形式が変わりました。

化学(基礎) 化学(専門)
平成29年度 問題 問題
平成30年度 問題 問題

参考までに、平成26年度から平成28年度の修士課程入試で出題された「問題」 を以下に示します。 平成28年度から、難易度も変わっていることが確認していただけると思います。

化学(基礎)化学(専門)
平成26年度問題 問題
平成27年度問題 問題
平成28年度 問題 問題