東京工業大学理学院化学系 修士課程入試説明会・研究室見学会

入試情報

入試全般に関する正確な情報と詳細は、本学ホームページの受験生向けの入試課ホームページをご覧下さい。募集要項は5月に発行予定です。 詳細はこちら
化学系の大学院入試に関する情報は、化学系ホームページの「大学院入試」 に掲載しています。
TOEFLやTOEICの成績証明書(スコアシート)の提出を必須(出願時、厳守)としていますので、早めの受験をすすめます。
化学系では、様々な分野の方の受験を歓迎します。そのため選択科目には、化学(有機化学、物理化学、無機・分析化学)に加え、 物理と生化学の問題も出題します。
研究活動がメインとなる大学院教育では、自分に合った適切な研究室を見極めることが非常に重要です。化学系は、意欲のある学生を広く 全国から求めます。積極的に教員に連絡をとって相談してください。

過去入試問題

詳細はこちら

修士課程入試説明会

理学院化学系では、平成31年4月(または平成30年9月)入学のための入試説明会を開催いたします。
第1回入試説明会 平成30年2月17日(土)
第2回入試説明会 平成30年3月31日(土)
第3回入試説明会 平成30年4月21日(土)
第4回入試説明会 平成30年5月19日(土) ※本年度最終回。当日、募集要項の配布を行う予定です。

過去の入試説明会の様子

過去の入試説明会の様子1 過去の入試説明会の様子2

化学系の大学院修士課程入学試験の特徴

修士課程学生の選抜は、『口述試験』および『筆答試験』により行います。入学志願票、成績証明書、および志望理由書により、 口述試験受験資格者を選抜し通知します。
理学系だけではなく、工学系・薬学系・農学系の出身者も多く在籍しています。さらに、物理や応用物理、生物を学んでいる方の 受験も歓迎します。様々な分野に広く門戸が開かれているのが化学系の特長です。
化学系では、修士課程学生の約半数(平成30年度は6割以上)が、本学以外の大学および高専出身者で占められています(下図参照)。
平成30年度(平成29年8月実施)の入試問題を公表していますので、こちらよりダウンロードしてください。


合格者出身大学一覧 H.19 ~ H.28
青山学院大学、アーカンソー大学、茨城大学、大阪府立大学、岡山大学、お茶の水女子大学、小山高専、学習院大学、神奈川大学、 神奈川工科大学、華北工業大学、関西学院大学、関西大学、北里大学、九州工業大学、京都大学、群馬高専、群馬大学、慶応大学、工学院大学、 神戸大学、神戸市立高専、国際基督教大学、埼玉大学、静岡大学、島根大学、首都大学東京、上智大学、信州大学、千葉大学、 中央大学、朝鮮大学校、電気通信大学、東海大学、東京都市大学、東京農工大学、東京薬科大学、東京理科大学、東邦大学、東北大学、徳島大学、 名古屋大学、名古屋工業大学、奈良高専、日本大学、日本女子大学、弘前大学、広島大学、北海道大学、明治大学、明治薬科大学、横浜市立大学、 横浜国立大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学、五十音順

ご参考:就職状況
おもな就職先はこちら
ページのトップへ戻る