お知らせ

平成18年度 博士論文発表会

平成18年度3月修了 化学専攻 博士論文発表会
平成19年1月9日(火) 国際交流会館多目的ホール
16:00-17:30 高原 克典(審査員主査 榎 敏明)
「Molecular adsorption effects on electronic and magnetic properties of 3D nanographite network」
17:30-19:00 横田 泰之 (審査員主査 榎 敏明)
「Electronic and Structural Properties of Tetrathiafulvalene-Based Self-Assembled Monolayers and Molecular Islands under Potential Control」
平成19年1月10日(水) 国際交流会館多目的ホール
9:00-10:30 舟見 英哲 (審査員主査 岩澤伸治)
「白金錯体によるアルキン及びアレン類の求電子的活性化に基づく触媒的炭素骨格構築」
10:30-12:00 田宮 実 (審査員主査 鈴木啓介)
「生理活性多環式化合物の合成に関する研究:ベナノミシンープラジミシン類の不斉全合成」
13:00-14:30 岩田 伸 (審査員主査 鈴木啓介)
「ケテンシリルアセタールを用いる新しい合成手法の開発」
14:30-16:00 三宮 健一郎 (審査員主査 岩澤伸治)
「アシルモリブデン中間体を利用する合成反応の開発」
16:00-17:30 稲葉 健一 (審査員主査 岩澤伸治)
「中員環アルキンーコバルトカルボニル錯体の立体選択的合成とその変換反応」
17:30-19:00 南 篤志 (審査員主査 江口 正)
「抗腫瘍抗生物質ビセニスタチンの生合成における糖転移酵素VinCの機能解析と新規配糖体創製への展開」
平成19年1月11日(木) 南1号館132講義室
9:00-10:30 佐藤俊介 (審査員主査 石谷 治)
「レニウム錯体の新規光反応と二酸化炭素還元光触媒特性の高性能化に関する研究」
10:30-12:00 柘植雅士 (審査員主査 渋谷一彦)
「Spectroscopic and photochemical characterization on transient species of arylmethyl radicals and ozone-water complex」

前のページに戻る


↑page top