-->

お知らせ

平成20年度 修士論文発表会

平成20年度 化学専攻 修士論文発表会 (3月修了) (於 本館3階第二会議室)
平成21年2月 9日(月)
9:00 財原 宏一 (指導教員: 小國 正晴)
「ナノ細孔内亜リン酸トリフェニルの相およびガラス転移挙動」
9:30 発表中止
10:00 莊 一徳 (指導教員: 小松 隆之)
「MCM-41細孔内でのPt系金属間化合物微粒子の形成およびその触媒作用」
10:30 髙木 佳織 (指導教員: 小松 隆之)
「金属担持ゼオライト触媒を用いたジフェニルアセチレンからのtrans-スチルベン合成」
11:00 髙崎 倫子 (指導教員: 小松 隆之))
「液相還元選択析出法を用いたアルミナ担持PtCuの調製とPROX反応に対する触媒特性」
11:30 船田 裕祐 (指導教員: 石谷 治)
「エネルギー集約機能を有するリング状レニウム(I)多核錯体の合成と光物性」
~ 休憩 (12:00 - 13:00) ~
13:00 福嶋 理恵 (指導教員: 石谷 治)
「ヒ素およびアンチモン配位子を有するレニウム(I)単核錯体における配位子間相互作用」
13:30 平 徳泰 (指導教員: 大場 武)
「アトサヌプリ火山および雌阿寒岳に発達する火山熱水系の地球化学的研究」
14:00 佐藤 春彦 (指導教員: 岡田 哲男)
「熱レンズXAFSの開発と全反射熱レンズによる界面計測」
14:30 山田 幹典 (指導教員: 岡田 哲男)
「電場スイッチングによる粒子およびイオンのフォーカシングと分離への展開」
~ 休憩 (15:00-15:15) ~
15:15 多久 俊平 (指導教員: 玉浦 裕)
「Reactive Ceramics of CeO2-ZrO2 System for Two-Step Water Splitting Reaction Using Concentrated Solar Thermal Energy
(集光太陽熱を利用した二段階水分解反応に用いるCeO2-ZrO2系反応性セラミックス)」
15:45 長沼 祐樹 (指導教員: 玉浦 裕)
「Two-step Water Splitting Reaction with NiFe2O4 for Concentrated Solar Energy Conversion into Solar Hydrogen
(集光太陽熱/ソーラー水素変換におけるニッケルフェライトの二段階水分解反応)」
16:15 尾立 樹一郎 (指導教員: 伊原 学)
「色素増感太陽電池の色素担持量制御による変換効率向上要因の検討」
16:45 渋谷 秀志 (指導教員: 伊原 学)
「暗条件下順バイアス印加インピーダンス法による色素増感太陽電池の内部抵抗解析および高効率化」
17:15 井上 建 (指導教員: 伊原 学)
「薄膜ゾーンメルティング結晶化法を用いた太陽電池用β-FeSi2薄膜の作製とβ-FeSi2の形成メカニズムの検討」
17:45 安武 寛幸 (指導教員: 伊原 学)
「Sr-Ce系プロトン伝導体添加燃料極を用いた固体酸化物燃料電池の水素及びドライメタン燃料における発電特性向上と燃料極反応機構」
平成21年2月10日(火)
10:30 柘植 慎治 (指導教員: 榎 敏明)
「スルホ化ナノグラフェンネットワークの磁性と水吸着効果」
11:00 西村 康寛 (指導教員: 榎 敏明)
「端を持つグラフェンの微細構造作製および電子輸送物性」
11:30 三輪 剛資 (指導教員: 榎 敏明)
「レドックス活性部位をもつ新規三脚型分子探針の合成とその電子移動特性の検証」
12:00 梅田 健一 (指導教員: 榎 敏明)
「周波数変調検出型液中AFMによるレドックス活性単分子膜の電気化学挙動の観察」
~ 休憩 (12:30-15:15) ~
15:15 吉延 毅朗 (指導教員: 渋谷 一彦)
「Neon-matrix isolation FT-IR spectroscopy of the HOOCl intermediate in the stratospheric chemistry
(成層圏化学の反応中間体、HOOClのネオンマトリックス単離赤外分光) 」
15:45 塩崎 雄大 (指導教員: 河合 明雄)
「Unusually Fast Translational Diffusion of Molecular Oxygen in Ionic Liquids
(イオン液体中における酸素分子の異常に速い並進拡散)」
16:15 伊藤 良一 (指導教員: 榎 敏明)
「Synthesis, Characterizations and Functionalizations for Magnetic Nanoparticles with Their Surface Covered with Self-Assemble Monolayer
(自己組織化膜を有する磁性金属ナノ粒子の設計とその複合機能化)」
16:45 谷内 一史 (指導教員: 河内 宣之)
「メタン二電子励起状態に由来する光子放出・電子散乱断面積の測定」
17:15 浅香 亨 (指導教員: 渋谷 一彦)
「Photochromism of Newly-Synthesized 2-Phenylazoimidazolium Based Ionic Liquids
(新規に合成した2-フェニルアゾイミダゾリウム系イオン液体のフォトクロミズム)」
平成21年2月12日(木)
9:00 今井 理恵 (指導教員: 岩澤 伸治)
「レニウム触媒を用いるジエン-イン類の環化反応に基づく含窒素環状化合物の合成」
9:30 内田 雅子 (指導教員: 岩澤 伸治)
「白金含有アゾメチンイリドの[3+2]付加環化反応を利用したYuremamineの合成研究」
10:00 大井 勲 (指導教員: 岩澤 伸治)
「環状アルキン‐コバルトカルボニル錯体とジエンとの付加環化反応」
10:30 只見 聡 (指導教員: 岩澤 伸治)
「銅(I)触媒を用いるアリール及びアルケニルホウ酸エステルのカルボキシル化反応」
11:00 藤田 晶子 (指導教員: 岩澤 伸治)
「アルキン‐コバルトカルボニル錯体を用いたカップリング反応の開発」
11:30 藤部 聡 (指導教員: 岩澤 伸治)
「1,3-ベンゼンビスホウ酸および1,3,5-ベンゼントリスホウ酸を用いる大環状ホウ酸エステルのジアステレオ選択的自己組織化」
~ 休憩 (12:00-13:00) ~
13:00 宮前 晶 (指導教員: 岩澤 伸治)
「位置選択的炭素-水素結合活性化を目指した新規機能性遷移金属錯体の創製」
13:30 麻生 優作 (指導教員: 江口 正)
「ビセニスタチン生合成に係るチオエステラーゼの基質特異性に関する研究」
14:00 青木 洋平 (指導教員: 後藤 敬)
「新規な脂肪族立体保護基を活用した含硫黄高反応性化学種の合成」
14:30 竹内 一将 (指導教員: 後藤 敬)
高配位ケイ素の特性を活用した新規なインターロック化合物の合成」
~ 休憩 (15:00-15:15) ~
15:15 吉川 修平 (指導教員: 後藤 敬)
「システイン由来の含窒素高反応性化学種に関する合成モデル研究」
15:45 新宮原 晃士 (指導教員: 松本 隆司)
「酵素触媒を用いる非対称化による軸不斉ビフェニルのエナンチオ選択的合成法に関する研究」
16:15 福井 伸明 (指導教員: 鈴木 啓介)
「ベンゾシクロブテン誘導体の位置選択的合成と新規環拡大反応に関する研究」
16:45 藤森 健二 (指導教員: 松本 隆司)
「軸不斉ビフェニルの酸化的脱芳香化反応に関する研究」
17:15 矢野 貴久 (指導教員: 鈴木 啓介)
「カテキン類縁体及びカテキンヘテロオリゴマーの立体選択的合成に関する研究」
平成20年度 化学専攻 修士論文発表会(9月修了)
平成20年8月13日(水) 本館1階 化学科会議室
15:00-15:30 Issa (指導教員 大場 武)
「Current gas content and the implication of change in total dissolved solids on water column stability in lakes Nyos and Monoun, Cameroon (West-Africa)」
平成20年8月16日(土) 物質科学専攻会議室(本館 H-61B号室)
11:00-11:30
11:30-12:00
田栗 知憲 (指導教員 小国 正晴)
新規蛾性フェロモンの合成と野外誘引試験
発表会の時間に間違いがありました。お詫びして訂正させていただきます。(平成20年8月13日)

前のページに戻る


↑page top