お知らせ

平成29年度 修士論文発表会

平成29年度3月修了 化学系修士課程論文発表会
平成30年2月5日(月) 本館3階第二会議室
9:25-9:50 柳澤 健介(指導教員 岡田 哲男)
溶媒抽出による物質の凍結水相への分配特性評価
9:50-10:15 周 林(指導教員 岡田 哲男)
マイクロ水滴濃縮法における水分配解析
10:15-10:40 福井 義春(指導教員 岡田 哲男)
凍結による電気化学測定の高感度化
10:40-11:05 竹村 梢(指導教員 植草 秀裕)
サリチリデンピコリルアミンの分子構造とフォトクロミズムの相関
11:05-11:30 遠藤 拓也(指導教員 岡田 哲男)
微小流体界面の自発共鳴振動を利用した分光計測
11:30-11:55 小堺 隆史(指導教員 西野 智昭)
錯形成に基づくポルフィリン単一分子の伝導度計測及び機能開拓
~ 休憩 (11:55-13:00) ~
13:00-13:25 上野 一樹(指導教員 大島 康裕)
イオンイメージング実験をもとにした分子回転波束の再構築法の開発
13:25-13:50 萩原 健太(指導教員 大島 康裕)
Addition reaction of radicals to maleic anhydride as studied by time-resolved pulsed EPR spectroscopy
(パルスEPR法によるラジカルの無水マレイン酸への付加反応の解析)
13:50-14:15 藤本 路夢(指導教員 大島 康裕)
分子ダイナミクス研究に向けた新規光電子・光イオン空間断層イメージング装置の開発
14:15-14:40 西村 元樹(指導教員 小松 隆之)
合金触媒を用いたアンモニアボランからの水素製造
~ 休憩 (15:05-15:15) ~
15:15-15:40 太知 聖人(指導教員 小松 隆之)
バナジウム修飾メソポーラスシリカ触媒を用いたベンゼンの酸素酸化によるフェノール合成
15:40-16:05 佐竹 明孔(指導教員 大島 康裕)
Photoexcited state relaxation processes of a highly concentrated porphyrin dye in ionic liquids
(高濃度ポルフィリン色素のイオン液体中における光励起状態緩和過程)
16:05-16:30 林 岐(指導教員 大島 康裕)
2波長レーザーイオン化を用いたベンゼン-水素クラスターにおける結合エネルギーの決定
16:30-16:55 相場 諒(指導教員 木口 学)
電気計測に基づく硫化銀原子スイッチの動作機構の解明
16:55-17:20 小池 将人(指導教員 木口 学)
機械的外力に対する単分子接合の輸送特性の応答性に関する研究
平成29年2月6日(火) 本館3階第二会議室
9:50-10:15 田中 誠人(指導教員 植草 秀裕)
スピロピラン配位コバロキシム錯体の結晶相光異性化反応を利用したフォトクロミズムの制御
10:15-10:40 石井 康平(指導教員 植草 秀裕)
V字型ホスト分子を用いたイミダゾール包接結晶の結晶構造と樹脂硬化特性
10:40-11:05 南郷 和也(指導教員 植草 秀裕)
イオン性サリチリデンアニリン誘導体の塩形成によるフォトクロミズム制御と結晶構造
11:05-11:30 飯田 雄太(指導教員 伊原 学)
液体燃料直噴型固体酸化物燃料電池における非定常電気化学反応の制御
11:30-11:55 鈴木 一馬(指導教員 伊原 学)
タンデム太陽電池に向けたペロブスカイト薄膜の二次元結晶成長手法の開発
~ 休憩 (11:55-13:00) ~
13:00-13:25 中屋 良太(指導教員 岩澤 伸治)
高周期14族元素含有ピンサー型配位子を持つ遷移金属錯体による炭素-水素結合活性化反応の開発
13:25-13:50 沼澤 宣次(指導教員 岩澤 伸治)
ロジウム(Ⅰ)及びレドックス光増感剤を触媒として用いる可視光駆動型ヒドロカルボキシル化反応の効率化と一般化
13:50-14:15 村上 桃香(指導教員 岩澤 伸治)
PGeP-ピンサー型レニウム錯体を触媒とするヒドロホウ素化反応の開発
14:15-14:40 浅見 幸平(指導教員 鈴木 啓介)
ベニバナの赤色色素カルタミンの全合成研究
14:40-15:05 川田 拓馬(指導教員 鈴木 啓介)
抗生物質ラクトナマイシンの合成研究
~ 休憩 (15:05-15:15) ~
15:15-15:40 佐藤 秀亮(指導教員 江口 正)
ホスホン酸含有抗生物質ホスホマイシンの生合成における C-メチル化機構
15:40-16:05 長岡 麻衣子(指導教員 豊田 真司)
ジエチニルアントラセンを基本ユニットとしたπ共役系オリゴマーの合成と性質
16:05-16:30 入交 美奈(指導教員 石谷 治)
芳香族ジイミンとFe(Ⅱ)イオンを触媒、Cu(Ⅰ)錯体を光増感剤としたCO2還元反応
16:30-16:55 徳永 唯希(指導教員 前田 和彦)
層状チタンニオブ酸塩KTiNbO5の構造的特徴を活かした窒化促進と可視光応答化
16:55-17:20 田村 昭博(指導教員 川口 博之)
フェノキシド・アリニド混合型配位子を持つジルコニウムおよびハフニウム錯体の合成
平成29年2月7日(水) 本館1階化学科会議室
9:00-9:25 斎藤 大暉(指導教員 石谷 治)
固体表面に固定したRu-Re二核錯体によるCO2還元光触媒反応
9:25-9:50 田中 秀幸(指導教員 前田 和彦)
水酸化コバルトを担持した酸化チタン電極の可視光照射下での光電気化学特性
9:50-10:15 門馬 由(指導教員 石谷 治)
高機能Cu(I)錯体レドックス光増感剤の開発とCO2還元光触媒反応への適用
10:15-10:40 安 大賢(指導教員 前田 和彦)
CO2還元に活性なRu(Ⅱ)錯体/Ag/C3N4複合触媒におけるAgの局所構造の影響
10:40-11:05 若菜 翔太(指導教員 八島 正知)
直方タングステンブロンズ型KTaW2O9の酸化物イオン伝導と結晶構造
11:05-11:30 海野 航(指導教員 八島 正知)
パイロクロア型Yb2Ti2O7の酸化物イオン伝導経路の可視化
11:30-11:55 中村 圭吾(指導教員 八島 正知)
結合原子価法によるZnを含む新構造型酸化物イオン伝導体の探索
~ 休憩 (11:55-13:00) ~
13:00-13:25 大内 理紗子(指導教員 江口 正)
ポリケチド抗生物質ジソラゾール生合成におけるアシル基転移酵素とアシルキャリアタンパク質間の相互作用解析
13:25-13:50 中澤 雄一郎(指導教員 江口 正)
マクロラクタム抗生物質ヒタチマイシンの生合成におけるATP依存リガーゼHitBの基質特異性に関する研究
13:50-14:15 佐野 悠介(指導教員 岩澤 伸治)
内部に官能基を持つ籠型ボロキシン分子の構築とその構造変換挙動
14:15-14:40 石川 宏紀(指導教員 鈴木 啓介)
特異な5環性骨格を有する抗生物質レシストフラビンの全合成研究
14:40-15:05 鈴木 祐司(指導教員 鈴木 啓介)
チオラートによる還元的環化反応を活用したグラナチシンの合成研究
~ 休憩 (15:05-15:15) ~
15:15-15:40 中澤 祐亮(指導教員 鈴木 啓介)
架橋型二量体天然物β-ナフトサイクリノンの合成研究
15:40-16:05 川井 陽太(指導教員 野上 健治)
海底火山活動に伴う変色海水生成過程の実験的研究
16:05-16:30 赤坂 博史(指導教員 北島 昌史)
高分解能しきい光電子分光法によるHDの光電離の研究
平成29年度3月修了 化学専攻修士課程論文発表会
平成30年2月5日(月) 本館3階第二会議室
14:40-15:05 本岡 優(指導教員 小松 隆之)
Ni系合金触媒を用いたメタノールへのCO挿入反応

平成29年度3月修了 物質科学専攻修士課程論文発表会は こちら

前のページに戻る


↑page top