腰原・沖本研究室
トップページ
ニュース・活動記録
研究概要
研究業績・成果
メンバー
連絡先・地図・所在地
CREST
リンク


ENGLISH
2009年以前の新聞発表・総説・特許など

総説
Y.Ogawa, S.Koshihara, M.Takesada and T.Ishikawa, “New class of photo-induced cooperative 腰原伸也、「光で生み出す誘電体・磁性体−相転移の光制御−」未来材料第4巻第1号(2004)28-32

足立伸一、河田 洋、腰原伸也、大門正博、Herve Cailleau、Eric Collet、「パルスX線とフェムト秒レーザーによる動的構造解析」日本応用物理学会誌73(6)、2004 725-731

H. Cailleau、E. Collet、 M. Buron-Le Cointe、M-H. Lemee-Cailleau and S.Koshihara、「Probing Photoinduced Structural Phase Transitions by Fast or Ultra-Fast Time-Resolved X-Ray Diffraction」PHOTO INDESED PHASE TRANSITIONS、World Scientific Pub.、2004、309-342(Chapter 7)

武貞正樹、八木駿郎、伊藤満、石川忠彦、腰原伸也、「ペロフスカイト型量子常誘電性酸化物の巨大な光誘起効果」固体物理Vol.40 No.2、(2005) 35-42

Y.Ogawa, S.Koshihara, M.Takesada and T.Ishikawa, “New class of photo-induced cooperative phenomena in organic and inorganic hybrid Complexes”, Phase Transition 75, (2002) 683-688.

腰原伸也、「オプトマテリアルサイエンスを切り開く−有機・無機化合物における光誘起協力現象−」KAST Report vol. 14 No.2(Mar.2003)30−37.

腰原伸也、「『光ドミノ現象』応用の高性能光デバイスに道」日経先端技術43(Aug.2003)18-21 腰原伸也、「光で生み出す誘電体・磁性体−相転移の光制御−」未来材料第4巻第1号(2004)28-32

Y.Ogawa, S.Koshihara, M.Takesada and T.Ishikawa, “New class of photo-induced cooperative phenomena in organic and inorganic hybrid Complexes”, Phase Transition 75, (2002) 683-688.


特許
『有機系錯体の相転移方法及びその機能素子』 特願 2003-315978 腰原伸也他

『円偏光励起磁性半導体およびそれを用いた光記録媒体』 特開2002-97099

『微細加工装置』 特開2002-307176

『π電子共役分子の二光子励起による光反応制御方法』 特開2002-275101

『レーザー微細加工用オートフォーカス装置』 特開2002-321080