岡田・福原研究室│東京工業大学理学院化学系

研究内容

超分子センシング

我々はこれまでに、有機系(a)から生体機能関連物質(b)にいたる広範囲なキラル分析セレクターを用いる 分子認識・不斉光反応を行っている過程で、天然に豊富に存在する多糖セレクター(c)が高いポテンシャル を示すことを見出しました。これらの超分子センシングにおける機構は、検体認識サイトの立体的・電子的 変化に基づくスペクトル変化を直接読み取るものに分類されます。

図をクリックすると拡大図が表示されます。

1) 参考著書:福原学,井上佳久,"キラル化学", CSJカレントレビュー,2013, p165-172.
2) 代表論文:Fukuhara, G.*; Iida, K.; Kawanami, Y.; Tanaka, H.; Mori, T.; Inoue, Y.*: Excited-State Dynamics Achieved Ultimate Stereocontrol of Photocyclodimerization of Anthracenecarboxylates on a Glucose Scaffold, J. Am. Chem. Soc. 2015, 137, 15007-15014.