研究設備

研究室の設備を紹介します。

測定装置

単結晶X線回折装置

単結晶の構造解析を行う、研究室で最も大事なマシン。
Rigaku VM-SPIDER
集光ミラーVariMaxCuを搭載したRAPID2。 CuKa線を集光しているので超強力な(輝度の高い)X線が出る。 2008年導入。微小結晶でも測定可能。
Rigaku R-AXIS RAPID
イメージングプレート型の二次元回折計。 2004年に退官された大橋先生とリガクと共同で開発。 SPIDERとともに主力装置の一つ。窒素吹きつけ型の低温装置を装備。

分光装置

BIORAD FTS-3000
赤外分光装置。極低温まで下げることのできる低温装置付き。 光反応を追うときによく使う。
JASCO V-560
可視・紫外分光装置。 固体の拡散反射スペクトルと、溶液の吸収スペクトルが測定できる。 光照射の条件を最適化する上で欠かせない。

分析装置

Rigaku ThermoPlus Evo
熱分析装置。熱重量分析(TG)、示差熱分析(DTA)、示差走査熱量測定法(DSC)が行える。 結晶の相転移や溶媒の脱着などを調べるのに大活躍。
OceanOptics S2000
光の波長分布を調べるお手軽USB装置。 物質に光を当てて反応させるときに、 どの波長帯の光を当てているかが重要。 特に、論文を投稿する際などは。

合成設備

有機合成の研究室には及びませんが、 使う試薬は自分で合成することがほとんどなので、 それなりの設備はそろっています。
実験テーブル
こんな感じの実験テーブルが部屋の中央に二台。
奥のテーブルが少し見えるが…
年末と年度初めの大掃除で頑張って片付けます。
ドラフト
実験室内に有毒ガスが拡散しないように吸気する実験用装置。 年代が違うものが2台。 主に試薬はこの中で扱う。

解析環境

ワークステーション

結晶構造解析用のワークステーション。

RedHat Linux のワークステーション

最近はPC上で解析を行うことが多いので、ワークステーション依存度は減ってきた。 ただし、Linuxでないと動かないソフトも多々あり、まだまだ必要な存在。

パソコン

1人1台のPCと、デュアル・ディスプレイを使用可能。 解析(他)用の共有端末が3台。

共通のX線回折装置

化学科共通のX線回折装置

Rigaku XtaLAB mini
卓上型の単結晶X線回折装置。 0.3mm角の結晶であれば,2〜3時間で測定することができる。
Rigaku SmartLab
光学系の自動調整機能、CBO(Cross Beam Optics)に対応したインテリジェントな粉末X線回折装置。結晶相の同定や結晶化度の評価だけでなく、粉末未知結晶構造解析にも利用可能な高分解能データを測定できる。
Bruker D8 ADVANCE
NMRでおなじみBruker社の粉末回折装置。
計算し尽くされた見惚れるような光学系周りのデザインが特徴。結晶相定性評価に活躍。
ワイセンベルクカメラ
学生実験で使用してい回折装置。

学内共用のX線回折装置

Rigaku XtaLAB Synergy-DW
Mo/Cu2波長線源を搭載した高輝度X線発生源と高速HPC検出器を組み合わせた最先端の単結晶X線回折装置。超高速回折計と高機能統合解析ソフトウェアCrysAlisProのシナジー効果により、モノによっては10分以内に測定が終わることも。