授業情報

現在受け持っている授業は以下の通りです。

結晶構造特論

前半は、単結晶構造解析法について説明し、後半で化学結晶学のトピックスをとりあげる。 特に有機・無機結晶構造の解釈と、結晶の物理的・化学的な性質との関係について解説する。

計測機器演習2

単結晶X線構造解析は物質の三次元構造を決定するもっとも有力な手段として、物質科学・化学研究において広く利用されている。本演習は、二次元検出器の普及および解析プログラムの進歩に伴い急速に変貌を遂げつつある単結晶X線構造解析法について、最新の手法に触れるとともに基本的概念を理解することを目的とする。

結晶化学

結晶の三次元構造はどのようにして解析されるのかについて、その原理と方法を解説する。授業前半では、基礎を学習する。まず、結晶格子によるX線回析と電子密度・構造因子について理解し、次に結晶の対称性、特に並進を伴う対称操作を理解する。後半では、具体的に結晶構造解析の進め方を学習する。すなわち、空間群の決定、直接法・重原子法(パターソン関数法を含む)などによる初期モデルの決定、最小二乗法による構造精密化、結果の表現という流れを理解する。最後に解析の実例を通じて最新の解析法と結果の評価を学習する。

化学総合実験第三・総合演習第三

無機化学、分析化学、物質科学分野の学生実験です。演習は学生実験や各分野の授業と連携しており、関連した内容を演習します。

「単結晶構造解析」: 単結晶X線構造解析について、測定から解析、結果の解釈を行います。Rigaku XtaLab miniを使い、結晶の取り付け、格子定数の決定、回折強度測定、パソコンを使った結晶構造解析、結果のグラフィックス表示とその理解について、実習を行います。

「コバロキシム錯体の合成と結晶相光異性化反応」: ビタミンB12のモデル化合物であるコバロキシム錯体は、Co-C結合を持つ独特な錯体です。この結晶に可視光を照射するとCo-C結合が切れ、分子が異性化します。このような興味深い結晶相光異性化反応を追跡します。また有機結晶について、可逆的な色変化(フォトクロミズム)を観察します。

Fゼミ(2011年度)

結晶構造解析データ及びMercuryは以下のURLからダウンロードできます。
*Mercuryで*.cifを表示する際の注意: CIFを表示する場合は、ファイルのパス(置く場所)のどこにもに日本語文字(2バイト文字や半角カナなど)が含まれていてはいけません。「unrecognized file format」のようなエラーとなります。
例えば、CIFをデスクトップに置いたり、「Fゼミ」、「授業」などのフォルダーに入れてはいけません。