八島研究室とは?

東京工業大学 理学院 化学系 エネルギーコースに所属する、八島正知教授を中心とした研究室です。無機材料を主な研究対象とし、X線や中性子線を利用した回折実験を駆使して、構造と物性という観点で様々な研究を進めています。
特に高温状態におけるセラミックス材料の構造について研究を進めており、独自に開発した高温電気炉(最大1600℃)と放射光や中性子線を組み合わせて、高温状態における電子密度分布や原子核密度分布の解明などを行っています。 最近では、これまでに明らかにしてきた構造と物性の関係に基づき、新材料の探索・設計・開発なども進めています。
>>>>>>>> 研究内容の詳細はコチラから!


研究室に関する詳細は、左のメニューから見てください。研究室に興味のある方は、いつでも見学に来てください。

連絡先