Members
Research
Publications
Invited lectures

Latest News

2022/8/23
鎌倉特任助教の論文がACS Catal.に掲載。分子や貴金属の助触媒なしで高効率駆動する二酸化炭素還元光触媒を見つけました。関西学院大学の田中大輔先生との共同研究成果です。雑誌のSupplementary Coverにも選ばれました。

2022/8/17
卒業生北条くん、西岡特任助教の論文がSci. Adv.に掲載。表面修飾した色素増感光触媒を用いて高効率な太陽光水分解を実証しました。ペンシルベニア大学のTom Mallouk先生との共同研究成果です。論文はオープンアクセスで公開中です。雑誌ウェブサイトのFeature Imageにも選ばれました。

2022/7/22
タイ王国Khon Kaen Universityからの留学生Chomponoot Suppasoさんの論文がACS Sustainable Chem. Eng.誌に掲載。Zn-Al層状複水酸化物と尿素を原料として得た窒素ドープ型ZnOが、可視光照射下、水素生成、酸素生成にそれぞれ活性となることを見出しました。

2022/6/16
前田が領域代表を務める文科省科研費・学術変革領域研究A「超セラミックス」が始動。無機材料と”分子”を使って新たな学術の地平を拓く研究がはじまります。

2022/5/28
M2相原くんの論文がChem. Eur. J.に掲載受理。可視光応答性Pb2Ti2O5.4F1.2光触媒に対する助触媒担持効果を詳しく調べ、水素生成活性の向上に成功しました。岡山大・山方先生、京大・内本先生との共同研究成果です。論文はオープンアクセスで公開中です。

2022/5/17
D2安大賢くんの論文がAngew. Chem. Int. Ed.に掲載。アルファ型の酸水酸化鉄(土壌鉱物)がCO2を高選択的にギ酸へと変換する触媒となることを発見しました。高エネ研・野澤先生、本学・横井先生との共同研究成果です。論文はオープンアクセスで公開中です。雑誌のフロントカバーにも選ばれました。

2022/4/10
D2水落くんの論文がSustainable Energy Fuelsに掲載受理。層状ペロブスカイト酸フッ化物Pb3Fe2O5F2が通常型ペロブスカイトPbFeO2Fよりも良好な水の酸化電極触媒として働くことを明らかとしました。岡先生(近畿大)、稲熊先生(学習院大)との共同研究成果です。

2022/4/8
卒業生三好くんの論文がACS Appl. Mater. Interfacesに掲載受理。過去に三好くんが計算で見出した 「フッ素種によるアンモニア窒化反応の促進」に関する知見を実験(合成)に活用し、GaN-ZnO固溶体光触媒の低温合成に成功しました。

2022/4/1
前田の教授昇任に伴ってホームページの建て付けを変更。時間を見つけて少しずつ更新していきます。

2022/3/30
社会人D3中村さん(先日博士の学位を取得したばかり)の論文がInorg. Chem.に掲載受理。先に報告したヒドリドドープ型スズ酸ペロブスカイトをさらに詳しく調べ、可視光吸収特性やバンド構造に関する新たな知見を得ました。九州大学の林先生、本学八島先生らとの共同研究成果です。

2022/1/27
昨年Bull. Chem. Soc. Jpn.に掲載受理された「複合アニオン」の総説がオープンアクセスで公開中です。

2022/1/1
卒業生柴田くん、西岡特任助教の論文がChinese J. Catal.誌に掲載受理。窒化炭素を水素生成光触媒としたZスキーム水分解が如何に難しいか(なぜ低活性にとどまるか)、客観的な示唆を与える内容です。

Upcoming Presentations

242nd ECS Meeting (招待講演)
日時 2022/10/13, 9:25-9:55
題目 Water Splitting and Carbon Dioxide Conversion By Mixed-Anion Materials
会場 The Hilton Atlanta, USA

4th International Conference on Emerging Advanced Nanomaterials (ICEAN 2022) (招待講演)
日時 2022/10/21, 詳細未定
題目 Visible-Light Water Splitting Using Dye-Sensitized Oxide Nanosheets
会場 Newcastle Exhibition and Convention Center, Australia

International Conference on H2&CO2 22 (基調講演)
日時 2022/11/17-19, 詳細未定
題目 TBA
会場 India (オンライン)

International Congress on Pure & Applied Chemistry (ICPAC) Kota Kinabalu 2022 (招待講演)
日時 2022/11/22-27, 詳細未定
題目 CO2 photoreduction using molecular anion-based materials
会場 The Magellan Sutera Resort(ハイブリッド)

日本結晶学会年会 (招待講演)
日時 2022/11/27, 詳細未定
題目 無機層状結晶の特徴を活かした水分解光触媒系の構築
会場 関西学院大学

11th Singapore International Chemistry Conference (招待講演)
日時 2022/12/12, 詳細未定
題目 TBA
会場 Singapore

The 19th Korea-Japan Symposium on Catalysis (Keynote講演)
日時 2023/5/15-17, 詳細未定
題目 TBA
会場 The Korea Science and Technology Center, Korea

The 11th International Conference on Materials for Advanced Technologies (招待講演)
日時 2023/6/26-30, 詳細未定
題目 TBA
会場 SUNTEC Singapore

19th Asian Chemical Congress (Keynote講演)
日時 2023/7/9-14, 詳細未定
題目 TBA
会場 İstanbul, Turkey