はじめに

「物理有機化学」とは,有機化合物の反応や構造を詳しく調べ,有機化学を深く理解するための原理や法則を導くことを目的とする研究分野です.この考え方に基づいて,当研究室では,特異な構造をもつ有機分子を設計し,実際に合成し,構造や物性を分光学的および理論的な方法を用いて評価する研究を行っています.
 最近は,美しいπ電子系の創出や新しい構造や機能を持ったπ電子ユニットの開発を中心に研究しています.これらのビルディングユニットを用いて,二次元および三次元的な有機構造体を組み立て,構造の解析や機能の探索を行っています.自由な発想に基づいて,これまでにはない面白い分子を作って調べることを目的としています.

 学部生,大学院生,研究員を募集しています.研究室の見学を希望する方は気軽にご連絡ください.メールアドレス

最新情報&更新情報

2017.9.25 Synthesis誌に論文を発表しました.
2017.9.7-9 第28回基礎有機化学討論会で発表を行いました.
2017.8.7 本学で開催される第44回有機典型元素化学討論会のHPが公開されました.詳細はこちら
2017.4.3 新年度を迎え,新たに4名の学生が加わりました.Members
2017.3.16-19 日本化学会第97春季年会で発表を行いました.
2017.2.22 ChemPlusChem誌に論文を発表しました.
2017.1.31 Asian Journal of Organic Chemistry誌に論文を発表しました.

最近発表した論文


Synthesis誌にScholl反応を用いるルビセン誘導体の簡便合成法に関する論文を発表しました.(2017年9月)
"Facile Synthesis of Rubicenes by Scholl Reaction"
M. Kawamura, E. Tsurumaki, S. Toyota
Synthesis, 2017, eFirst Abstract


ChemPlusChem誌に立体異性体を生じるモチーフとしての平面アントラセン−アセチレン骨格に関するミニレビューを発表しました.(2016年12月)
"Planar Anthracene-Acetylene Frameworks as Stereogenic Motifs"
S. Toyota, H. Ikeda, T. Iwanaga
ChemPlusChem, 2017, Early View Abstract


Asian Journal of Organic Chemistry誌に1,8-エテニレン架橋された環状アントラセン2量体の合成,物性,および動的挙動に関する論文を発表しました.(2016年12月)
"Synthesis of 1,8-Anthracene-Ethenylene Cyclic Dimers and Related Compounds and Effects of Linkers on their Structures, Electronic Properties, and Dynamic Behavior"
M. Inoue, T. Iwanaga, S. Toyota
Asian J. Org. Chem., 2017, Early View Abstract


Canadian Journal of Chemistry誌に2,5-ジアントリルチオフェンの合成、構造、物性に関する論文を発表しました.(2016年12月)
"Synthesis, structures, and properties of 2,5-dianthrylthiophene derivatives"
S. Toyota, M. Nishiuchi, T. Iwata, T. Yamauchi, T. Iwanaga, M. Hasegawa
Can. J. Chem., 2017, 95(3), 286-291. Abstract


Journal of Organic Chemistry誌にアントラセンビスイミドを基盤とするドナー−アクセプター−ドナー型の分子内電荷移動相互作用に関する論文を発表しました.(2016年4月)
"Intramolecular Charge-Transfer Interaction of Donor-Acceptor-Donor Arrays Based on Anthracene Bisimide"
T. Iwanaga, M. Ogawa, T. Yamauchi, S. Toyota
J. Org. Chem., 2016, 81(10), 4076-4080. Abstract


Chemistry an Asian Journal誌に大環状アントラセン6量体の合成に関する論文を発表しました.(2016年3月)
'Macrocyclic 2,7-Anthrylene Oligomers'
Y. Yamamoto, K. Wakamatsu, T. Iwanaga, H. Sato, S. Toyota
Chem. Asian J., 2016, 11(9), 1370-1375. Link



European Journal of Organic Chemistry誌に5,5'-ビテトラセンの合成と光学分割に関する論文を発表しました.(2015年11月)
'An Enantiopure 5,5′-Bitetracene'
S. Toyota, R. Miyaji, Y. Yamamoto, M. Inoue, K. Wakamatsu, T. Iwanaga,
Eur. J. Org. Chem., 2015, 2015(35), 7648-7651. Link



Synthesis誌に非対称5,12-ジエチニルテトラセン類縁体の合成と光物性に関する論文を発表しました.(2015年9月)
'Efficient Synthesis and Electronic Spectra of Unsymmetrical 5,12-Diethynyltetracene Derivatives'
T. Iwanaga, Y. Yamamoto, K. Nishioka, S. Toyota
Synthesis, 2015, 47(24), 3997-4007. Link



Bulletin of Chemical Society Japan誌にエチニレン架橋型環状アントラセン2量体の合成とその動的分子ペダリング挙動に関する論文を発表しました.(2015年8月)
'Structures, Dynamic Behavior, and Spectroscopic Properties of 1,8-Anthrylene−Ethenylene Cyclic Dimers and Their Substituent Effects'
M. Inoue, T. Iwanaga, S. Toyota
Bull. Chem. Soc. J., 2015, 88(11), 1591-1602. Link



Chemistry Letters誌に配座の束縛されたアルキル基を環内部に有する環状アントラセン−アセチレン2量体の合成に関する論文を発表しました.(2015年5月)
'Cramping an alkyl group by rigid macrocyclic framework'
S. Toyota, T. Oki, M. Inoue, K. Wakamatsu, T. Iwanaga,
Chem. Lett., 2015, 44(7), 978-980. Link



Chemistry - A European Journal誌にアントラセンーアセチレンオリゴマー環状2量体の自己集合ネットワークによる表面キラリティ発現に関する論文を発表しました.大阪大学大学院・戸部先生と田原先生との共同研究の成果です.(2015年1月)
'Chemistry of Anthracene-Acetylene Oligomers XXV: On-Surface Chirality of a Self-Assembled Molecular Network of a Fan-Blade-Shaped Anthracene-Acetylene Macrocycle with a Long Alkyl Chain'
T. Tsuya, K. Iritani, K. Tahara, Y. Tobe, T. Iwanaga, S. Toyota,
Chem. Eur. J., 2015, 21(14), 5520-5527. Link