岡田・福原研究室│東京工業大学理学院化学系

研究内容

岡田グループ

溶液の界面を理解する。新しい計測法を創る

岡田哲男 教授
岡田哲男 教授
 溶液や溶液が構成する界面での分子過程の解明やそれを 可能にする計測法の開発を目指して研究を進めています。 界面は、ナノの世界に近づくと存在感を増しますので、ナノ 化学の推進に界面の理解は欠かせません。また、地球環境 でも溶液界面が反応の促進に大きな寄与をしていると考えら れています。

 このような観点から、氷とその界面、粒子などをキーワード にして研究を進めています。

氷を機能性材料とする計測化学
アイスクロマトグラフィー
キラル認識  キラルアイスクロマトグラフィー
クライオリアクタ
分光測定デバイス

分離の新原理、新概念
超高速分離(反応のスナップショットを捉える分離)
超音波分離−1
超音波分離−2
超音波分離−3
・電場スイッチング

分離の分子過程
X線吸収微細構造による界面計測
・液液界面移動ボルタンメトリー
福原グループ
福原学 准教授
福原学 准教授
当グループでは、分析化学・超分子化学・光化学・高分子化学と多岐に渡る横断的学際領域に発展しつつある 超分子アロステリック増幅センシングという分析手法を提唱し、この概念をさらに飛躍させることを目的として 研究を進めています。その分析対象は幅広く、化学分野では、キラリティーや農薬・香料など、 医療・診断分野では、オリゴ糖やペプチド、腫瘍マーカーなどが挙げられます。 このような幅広い分析が求められているため、超分子化学、キラル認識、糖認識、高分子化学、生体機能関連、 光物理化学、材料化学など広範な学際的視野を持って独創的実験手法の開発やセンサーデバイス化を見据えて研究を行っています。
個人紹介     Curriculum Vitae

東工大STAR Searchへのリンク      福原研招待講演会情報


超分子センシング

高分子センサーを基盤とする超分子アロステリック増幅センシング

超分子アロステリックキラリティー増幅センシング

超分子アロステリックオリゴ糖増幅センシング

高圧下での円二色性(CD)分光分析手法